HOME>会社情報

ごあいさつ

 我が社は、日鉄建材株式会社のグループ企業として、また鋼の連続鋳造用パウダーのパイオニアとして、日本国内だけではなく、世界の鉄鋼業界の発展に寄与してきました。
 昨今、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況下にありますが、これまでに培った技術や数多くの経験を活かし、お客様に信頼される製品を提供し、未来をみつめ、法令遵守の下に、より良い企業を目指します。

小林 篤

会社概要

商号 日本サーモケミカル株式会社
(英文名:NIPPON THERMOCHEMICAL CO., LTD.)
設立 1966年5月31日
本店所在地 神奈川県藤沢市善行坂2-1-16
資本金 50百万円
株主 日鉄建材株式会社 100%
代表者 小林 篤
従業員数 41名 (2021年9月末現在)
組織
売上高 1,579百万円(2018年度実績)
1,495百万円(2019年度実績)
1,098百万円(2020年度実績)
主要納入先 日本製鉄株式会社
JFEスチール株式会社
日鉄ステンレス株式会社
株式会社神戸製鋼所
山陽特殊製鋼株式会社
愛知製鋼株式会社
主要取引銀行 三井住友銀行蒲田支店
みずほ銀行銀座支店

沿 革

日本サーモケミカル株式会社
1966年(昭和41年) 日本サーモフィン株式会社を設立(資本金500万円)
1968年(昭和43年) 社名を日本サーモケミカル株式会社に変更。同時に国内初の連続鋳造用パウダーの製造販売開始
1971年(昭和46年) 資本金2,000万円に増資
1974年(昭和49年) 顆粒品の製造販売開始
1996年(平成 8年) フォセコジャパン岡山工場を買収し保有設備である中空加工設備(スプレードライヤー)を稼動し中空顆粒の製造販売を開始
2000年(平成12年) ISO9001を取得
2005年(平成17年) 国内総販売元株式会社エヌ・テー・シーを統合。資本金を5,000万円に増資
2009年(平成21年) ISO9001:2008(JIS Q 9001:2008)認証取得
2011年(平成23年) 全株式を日鐵住金建材株式会社に譲渡
2011年(平成23年) 中空顆粒の生産を日鐵住金建材株式会社、鴨川工業株式会社へ委託
2012年(平成24年) 岡山工場の生産中止、閉鎖
2017年(平成29年) ISO 9001:2015(JIS Q 9001:2015)認証取得
2018年(平成30年) 藤沢市で初の「ユースエール認定企業」に認定
2019年(平成31年) 株主が社名変更により日鉄建材株式会社となる
0466-81-4430
PAGE TOP